よく鍼灸は自律神経の疾患に有効だといいます。
その中でも特に優れているのが井穴刺絡とYNSAです。

まず井穴刺絡をご覧ください。

専用の鍼を皮膚に刺し、出血刺激を加える施術方法です。

つまり、「井穴刺絡」とは、「指先のツボに出血刺激を加える鍼灸施術方法」です。

この出血刺激が、神経のはたらき過ぎを抑える作用があることを横浜の医師である 故浅見鉄男先生が発見されました。

そして、その効能を研究し、井穴刺絡学として治療法がを体系化さています。

最大の特徴は「自律神経の調整」ができる。という事です。

自律神経は、体内環境を正常の範囲内に保つはたらきをしています。

交感神経と副交感神経がうまく協調しているときは問題ありません。

例えば、少々のストレスなどで体内環境が乱れても、すぐに元の範囲内に戻してくれます。

しかし、ストレスの質や量が大きすぎると、自律神経のはたらきに異常を起こします。

その結果、心身にさまざまな病気や症状が引き起こさきます。

自律神経のはたらきを正常に戻していくことができれば、免疫力・自己治癒力が上がり 症状は治っていくのではないでしょうか。

ホルモンバランスを司っているのも自律神経です。自律神経が乱れていると 不妊の原因にもなってします。

他の井穴刺絡の効能

井穴刺絡では症状に見合った井穴を選び刺激します。

・「運動神経」の治療。
腰痛・首肩こり、五十肩・膝痛など関節を自由に動かせないなど。

・「感覚神経」の治療。
痛み、シビレ、かゆみ、冷感、むずむず感など。

・「自律神経」の治療。
内臓の調節、喘息やアトピー、花粉症などの「アレルギー」の治療。

当院では患者さまの症状を診て 高麗手指鍼・中国鍼と併用して行います。井穴刺絡は 基本治療の一環で行いますので料金は発生しません。


※施術効果には個人差があります。
※上記は個人の感想であり、成果や効果を保証するものではありません。



※施術効果には個人差があります。
※上記は個人の感想であり、成果や効果を保証するものではありません。