膝痛には 
・変形性膝関節炎
・関節リウマチ
・半月板損傷
・オスグッド病 などがあげれます。

原因としては ・軟骨のすり減りから
・姿勢の問題やO脚から
・体重増加や肥満から などと言われています。
しかし 軟骨がすり減ったとしても 軟骨自体には痛みを感じる神経はありません。
軟骨どうしがこすれあったとしても それ自体では痛みは起こりません。
骨には神経がないからです。

では どうして痛いのでしょう?

痛みがあるのは 膝の周囲の筋肉や皮膚です。
なので 鍼灸で痛みの治療が可能になってくるのです。

痛みがなくなると 姿勢も良くなります。
痛みがなくなり動けるようになると 徐々に筋力も回復して 
痛みのない日常に戻っていけます。

痛みには即効性のある 井穴刺絡、高麗手指鍼を是非お試しください。